読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の記録と雑記。

2017.2.5~2.15のフランス・イギリス旅行に関して個人的な記録。それと少しの雑記。

Day2③ Bellcour散策など

すぐ到着。

f:id:sdmy-shine:20170220162622j:image

広場はかなり広くて、がらんとしておりました。観覧車、日本のやつとは違い乗るとこがむき出しなうえに回るのがめちゃ早くて恐れおののきました。移動遊園地とかにあるタイプですわ。この馬に乗ってる人が誰なのかは存じあげません。

この広場に観光案内所があって、綺麗で安心できそうな見た目だったので試しに入ってみました。めちゃ新しい建物でした。入ってくる人一人一人に黒人系のすらっとしたスマートなスーツのお兄さんが声かけていて、私も日本語マップもらいました。あんま日本語の部分なかったけどね。案内所はあったかくて座るとこもあっていい感じでした。
広場からは東西南北全方向に繁華街ぽい通りが伸びておりましたが、とりあえず人通りの多そうなほうに歩いていってみます。I子におすすめされたパン屋さんもそちら方向だったので進んで行く。

写真は撮ってませんが、ごく普通のヨーロッパの繁華街という感じ。I子おすすめのパン屋さんはLa Boulangerie de Saint-Marcというところでした。パン屋さんのお姉さん優しかったです。この後も感じることだが、パン屋さんの人は皆優しいです。なぜなのでしょう。アーモンドペースト入りパンオショコラみたいなの食べましたがめちゃ美味しかったです。1.8€くらいだった記憶。日本で食べたら400円くらいするのかなぁとしみじみしながら散策を続けます。


13 Rue Sainte-Hélène, 69002 Lyon, フランス
+33 4 72 61 88 81
https://goo.gl/maps/HSdHg8nCEvm

 

違う通りから広場のほうに引き返し、今度は1番大通りと思われる通りへ。映画館あったり、ZARAH&Mがあったり、スタバがあったり、奥の方まで行くとPrintempsとかもありました。私は持ってきた服が足りなかったのでセール中のH&Mで青と黒のざっくり編み込みがいい感じのセーターを買いました。あとピアス。ピアス買いたい病いい加減治したいです。

そして、こういうところで日本でも馴染みの店に入ってしまうのが心の弱さです。反省せねば。

 

ずんずん歩きまくってそろそろ疲れたのでスタバに入ろうとしましたが(馴染みの店症候群)、席がいっぱいで座れぬ。仕方なく引き返し、手前のほうにあったマックへ入る。(馴染みの…以下略)

フランスに来た日本人が一度はやらかすという(別にいわない)、カフェオレのpetitを頼んだらエスプレッソ+少量のミルクのちっこくて濃いやつが出て来てしまうというアレをご多分に漏れずやり(なんか安すぎると思ったんだヨ)、やっとこさ休憩しました。Wi-Fiもあって快適。

友達とLINEとかしてすっかりのんびりしていたら、隣に人が来ました。Bonjourと言われ、どんな人なのか見ないでとっさにぼんじゅーと返してしまう。言ってから横を見ると完全に物乞いの方…なんか握手?の手差し伸べてきてるし…?また心縮まってしまい、すごすごと席移動しました。握手したらどうなるんだろう…お金じゃなく握手を求めるって仲良くなりたいのかしら…いやでもそんなわけなぁ…とまたもやもやしてしまいました…。

 

マックで時間を潰したらそろそろI子の授業が終わる時間になったので、寮のある駅に戻ります。駅降りてから迷子になりかけるも、なんとか大学のほうに到着。

ちなみに、前から歩いてくるアジア人がいると思ったら、大1の時1年間二外のフラ語クラスが一緒だった奴でした。彼もI子と同じ大学に留学中なのでした。彼は今晩私たちにご飯を作ってくれるそうです。

 

I子と大学内で待ち合わせ。大学は当然ながらフランス人しかおりません。同年代のフランス人に囲まれ感じる圧倒的敗北感。腰の位置が違う…髪の色が…顔のサイズが…と怯えながらI子と合流。同年代の見知らぬ外国人に囲まれると怖気付きがちなんだがこれで留学できるかしらん。

大学はそれなりに近代的な建物で、ごく普通でした。案内も何もないと宣言された通り5分で通り抜けて終わり。因みにトイレがすごく汚いうえに男女共用で泣きました。あと着いた日の夜トラムから見たライトアップされた大学がラブホみたいだったことは言わないでおきます。

 

その後部屋でぶらぶら過ごし、 同じ寮の同じフロアに住むさっきの男子がブイヤベース作ってくれるというので遊びに行きました。そのブイヤベース氏、私、I子、もう1人同じ大学の4年生の初対面の人という謎の面々で夕飯を食べました。

そしてこの後、私が人生最大に酔い潰れてトイレで死んだことはあまり詳細には書きません…大大大反省です…2017年誠実に生きるとの目標があっという間に消え去った瞬間でありました…。南無南無…