読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の記録と雑記。

2017.2.5~2.15のフランス・イギリス旅行に関して個人的な記録。それと少しの雑記。

Day7③ ロンドン主要観光地などなど

タワーブリッジからチューブに乗って、Westminster駅に降り立ちました。目的はウエストミンスター寺院でしたが…

 

電車を降りて地上に出ると

f:id:sdmy-shine:20170409055121j:image

ちゅどーん!ビッグベン!ウエストミンスターとビッグベンが近いことはわかっていましたが地上に出た瞬間目に入ったビッグベンには超感動しました。

やっぱりシンボル的なやつは見たときのテンションが違う。特に今回パリでエッフェル塔全然見なかったし。わたしは語彙力をなくし、これは鬼アツ太郎だわ、を連発していました。大学生として不安な表現力。

 

そしてこのへんには観光客も多いです。溢れてます。

f:id:sdmy-shine:20170409055420j:image

ウエストミンスター俯瞰図。そして近づくにつれ我々は驚愕の事実を知る。フランスでは絶対起こり得なかったこと、教会の入場料約20£…。これにびっくりして、しかも入るのに行列しておりまして私たちは入ることを諦めました。(建築が好きなI子さんは20£払っても入りたかったらしい。ごめんね笑)

 

ウエストミンスターを諦めて、次はチューブて大英博物館に向かいます。

f:id:sdmy-shine:20170412200739j:image

ウエストミンスター駅はチューブの中で一番現代的だった。利用者の数も半端無いことでしょうしな。

 

この後なぜか私が間違って少し手前の駅で降りてしまったため、しばらくお散歩しつつ大英博物館へ。

f:id:sdmy-shine:20170412200922j:image

 赤の似合う街ですねえ

 

f:id:sdmy-shine:20170412201031j:image

なんでもないお店のカード売り場。バレンタインデーが近かったのでカードが沢山ありました。ヨーロッパやアメリカの素敵なところはカード売り場が沢山あることだと思う!どこに行っても可愛いカードが沢山あって、それを選んでる人も沢山いて毎度毎度感動してしまう。ロンドンなんか、駅の中のキオスクの1つとしてカードショップがあったもの。カードを送り合う文化が未だにきちんとあることって素敵ですね。私もこの旅でカード12枚買いました、おばかちゃん、でも集めるのやめられない。

 

f:id:sdmy-shine:20170412201325j:image

チャーリーとチョコレート工場を彷彿とさせるかのよーなお菓子屋さん。駄菓子屋もイギリスに来ればこうなるのですな…。

 

f:id:sdmy-shine:20170412201430j:image

ハリーポッターと呪いの子をやってる劇場の前も通りましてん。かなり目立つし巣?の中に本当に男の子がいてびっくり。

(因みにわたし日本戻ってきてから雨に唄えばのミュージカル観たんですが、ロンドンで公演してる時はここの劇場でやってたみたい。)

 

そして!我々は昼食を一風堂で取ることに決めました。ヨーロッパ留学中女子2人を引き連れての旅行には日本食が必須であった。でもわたしも興味あったからよいです!

 

f:id:sdmy-shine:20170420144558j:image

反射してなかなか見にくいけれど、ガラス張りのおしゃれ店舗。大戸屋とか一風堂とかの海外の日本食チェーン店がおしゃれ路線なのは散々テレビで見てきたけれど、やっぱ生で見ると少しの誇らしさ?と違和感と恥ずかしさ笑 と色んな感情でにやけてしまう。

 

店員さんはアジア系が多かったけど普通の白人の人もいた。そしてたどたどしい日本語で「イラッシャイマセー3メイサマゴライテンデスー」の声!!一風堂の教育すごいネ。

わたしたちが入ったのは12時少し前くらいで、先客は1組のみ、日本人でした。後からどんどん混んできたけれど、お客さんはみんなアジア人でした。日本人も多かったけど、アジア色々という感じ。白人はカップル1組しかおりませんでした。

おそらくこのおしゃんな外見等から予想するに、イギリス人の方々はここを夜のオシャレレストランとして利用するのかな、と。なんか入り口らへんに立ち飲みバー?みたいなエリアもあったし。昼にさっくり食べる用のラーメンではないのだと感じました。

わたしがたのんだラーメンは一番シンプルな豚骨ラーメン(もはや白丸とかいう名前でさえない)で、具が薄いチャーシューとあの茶色いコリコリしかなかったのですが、9£くらいしました…。

余談ですが我が大学のそばの一風堂は新学期とかにたまにキャンペーンで新入生ラーメン300円とかをやってるのですが、それがこのロンドンで食べたやつと全く同じなんですよ。日本で300円で食べたものを4倍くらいの値段でロンドンで食べている虚無感は正直ありましたな笑 一年留学してたら絶対食べたくなるだろうけどね!

ただ、ラーメンを頼むと小さい餃子5つが自動的についてくるシステムはよかったです!ぱちぱち

 

f:id:sdmy-shine:20170421153252j:image

トイレにあったポスター。これはラーメンフェス的なやつなのか?それともロンドンにある博多ラーメンの店舗一覧?わからんけどなんか感心しました。

 

あ、そして、ロンドンの一風堂Wi-Fiパスワードはbarikata 2015でした。ワロタワロタ!外国人これなんだと思うんだろうか。笑

 

さて一風堂で満足したわたしたちはようやく本当の目的である大英博物館へ。

入場するときには手荷物検査があって列ができたいたけれど、もれなく入場は無料です。これは本当にすごい。芸術を大切にする思考最高です。大英帝国さまさま!!!

その反動で教会やらロンドン塔やらの入場料がバカ高いのかなとも思いますが…。

 

f:id:sdmy-shine:20170421153424j:image

近代的で美しいエントランス。

我らが大英博物館で思うことといえば、いってQの出川の「ガーガーバード」が記憶に新しい(知らん人はぐぐれ!) お土産やさんでガーガーバードを発見するも、わりと高いしでかかったので買うのはやめました。

そして、ここまで来て何を言ってるんだという感じなんですが、私たちは誰も遺跡とか古代美術とかに興味がない←

ロンドンに来たから大英博物館はいくもんだろという低ーい意識のもと来ただけなので、ものすごい人混みとよくわからん遺跡の数々(世界史選択のI子とK子はもっと興味もってもいいのでは?笑)に、完全に疲労困憊し座り込む私たち。 てかここまでの旅でリヨンもパリも混雑とか人混みとほぼ無縁だったから、人混みというもののしんどさが身にしみました。はい。

 

f:id:sdmy-shine:20170421154001j:image

強いていうならば可愛かった何か。←

 

私小学生のときにアテネ国立博物館行ったことあるんですけどそのときのがワクワクしたな。

なんか大英博物館の果てしない規模のでかさと人の多さに完全に負けました。本当は日本エリアに飾ったあるという聖おにいさんを確認して帰りたかったが、そこまで行く元気もなく。

 

我々は滞在時間驚異の30分くらい(15分くらいは座ってただけ笑)で、大英博物館に敗北し早々に外に出たのでした。次来るときはきちんと教養のある人になってますように。なむなむ…

 

大英博物館をでたら、必須のあいつを買いに行きます。